協会からのお知らせ

【ニュースリリース】医療・健康等IoT情報のセキュアな記録・管理及び配付に対応する「電子証明書対応SDメモリカード"miParu(R)" (ミパル)」を活用した実証実験で『健康相談会』を実施

一般社団法人スマートヘルスケア協会は、地域生活者の未病対策、健康作り・維持へのアクション対策などについて、地域資源である薬局や医療機関を活用したサービスおよび事業モデルの検討を行っています。
この度、賛助会員である北大発認定ベンチャーの株式会社ミルウス社と、札幌市の補助事業を活用して、歯科医師⇔薬剤師等多職種連携をはじめ地域包括ケア推進に不可欠な安全で容易な情報共有に、株式会社ミルウス社提案の"miParu(R)"(ミパル)を活用しその有用性等を検証する実証実験として、『健康相談会』を2018年2月10日に実施します。

【実証実験の実施概要】
・実施会場/日時
 八軒会館 A・Bホール(札幌市西区八軒1条西1丁目7)
 日時:2月10日(土) 14:30~18:30
    ※主催者の都合等で時間を変更する場合があります。
  対象者 札幌市西区及び市内在住の自営業者・住民とその家族
  実証の視点・ポイント及び実証・確認すべき内容・目標
・実証の視点・ポイント実証・確認すべき内容・目標
(1)「歯科医師⇔薬剤師等多職種連携、協働円滑化の促進」視点情報共有/活用ツールとしての有用性
(2)「歯科医院⇔保険薬局間での情報共有による業務効率化・品質向上への貢献」視点従来及び他の手法等との差異
(3)歯科医院、保険薬局等医療機関の「事業・経営力向上」視点miParu(R)利用による、歯科医師・薬剤師の満足度、並びに事業化後の妥当な費用(金額)負担意向

詳細:株式会社ミルウス発表 2018年2月1日 10時30分
   https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000028850.html
 
 
 
添付ファイル エリア
 
 
 
 
 
プレスリリースダウンロード